朝から龍真(ダウン症と言う個性豊かな息子20歳)と2時間スイミングの練習を行いました。
充実した午前中を過ごし妻と合流し美味しくランチをいただき幸せを感じていました。
その後私と龍真2人での時間を過ごしました。
龍真が物心ついた頃から大好きな牛(乳牛)を見に行きました。
いつもの事で機嫌よく牛舎の外から覗き込んでいました。
いつもは数十分牛を見て帰るのですが、何故か?いつもは行かない牛舎の裏へ歩いていくのです。その後ろ姿を見ながら私はスマホにて仕事をしていました。ほんの2、3分の事でした。
気になり龍真の様子を見に裏側へ行きました。
「嘘やろ!」と心の中で叫びました。
私の目に入ってきたのは、龍真が牛糞のため池?の中に立っているのです。
膝上まで牛のウンコで埋まってます。
私は「何してんの」と何度か叫びながら戻るように叫びました。
足が埋もれているのでなかなか歩けないようでしばらく突っ立っていたのです。
私は自分に「落ち着け落ち着け」と言い聞かせました。
最短距離で戻らせると側にはもっと深そうなウンコの池が有ります。
そこに落ちたら命の危険も !?
私は「こっちから、こっちから」と指で方向を指示しながら戻らせました。
なんとか戻る事が出来一安心。
足元を見ると膝上までウンコまみれ。
靴がない!「靴は、靴はどこ?」と言いました。
私は自分も子供の頃何度も田んぼにハマって靴が無くなったのを思い出しました。田んぼの中に埋もれた靴を手探りで探した経験は有りましたが、さすがにウンコの中に埋もれどこに有るのかまったくわからない靴を探す事は諦め龍真の手を引き安全な所へ避難させました。
牛舎の主人が居られたので事情を説明し水道とブラシを借りて龍真の下半身をゴシゴシ洗いました。
ズポンと靴下は廃棄物処理の箱に捨てさせて頂きました。
車までは30メートルくらい離れていました。砂利が敷き詰められていて裸足で歩けないので私がおんぶして車までは運びました。私はウェイトトレーニングをしていて鍛えているのですが、何故かとても重たく感じ気合を入れて歩きました。

私の人生における絶対忘れられない大ハプニングでした。
最悪でしたが、怪我もなく帰還出来たことに喜びも感じます。

私はこの状況をスマホで撮っていたのです。
信じられないくらい驚いていたのですがどこかで笑いも込み上げてくる自分もいたのです。龍真は終始ポーカーフェイスでした。

ウンコに埋もれながらも龍真はスマホを向けられると「ピース」をしてくるのです。
後に写真を見て何度も笑いが込み上げ無事で良かったと嬉しくなりました。 感謝感謝感謝

まだまだ まだまだ 油断ができません!

その夜寝る時龍真は泣き涙をこぼし
「ウンコ怖かった」と呟きながら眠りました。

少しは成長してくれるかな?